乗客乗員520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から34年。墜落現場となった「御巣鷹の尾根」の麓を流れる神流川で鎮魂の灯籠流しが行われた。 1985年8月12日午後6時56分28秒、羽田空港発(東京)、伊丹空港(大阪)行きのJAL123便が離陸後44分後に御巣鷹(おすたか)の尾根(群馬県上野村)に墜落し、乗客・乗員 ...