悪の帝王という言葉がぴったりなアニメキャラクターは誰?1位は納得のフリーザ

1位は『ドラゴンボール』シリーズの「フリーザ」! gooランキングが「悪の帝王という言葉がぴったりなアニメキャラ」ランキングを発表

【画像①】1位は『ドラゴンボール』シリーズの「フリーザ」! gooランキングが「悪の帝王という言葉がぴったりなアニメキャラ」を発表gooランキング(グーランキング)は、世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化する国内最大級のランキング情報サイトですが、今回、少年向け漫画誌などでおなじみのキーワード「悪の帝王」をテーマに「悪の帝王という言葉がぴったりなアニメキャラクターは一体誰なのか?」が調査・ランキング化された。なお、4位~40位のランキングもサイトで見ることが出来る。

「悪の帝王」という言葉がぴったりなアニメキャラランキング(集計期間:2019年7月4日~7月18日)

集計方法
gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

記事URL
https://ranking.goo.ne.jp/column/6100/

1位は「フリーザ(ドラゴンボールシリーズ)」!

国民的漫画『ドラゴンボール』の悪役としておなじみの「フリーザ」。2018年に放送が終了したアニメシリーズ最新作『ドラゴンボール超』では、主人公の孫悟空と共闘する場面もありました。しかしアニメ初登場となったシリーズ2作目『ドラゴンボールZ』では、願いがかなうドラゴンボールを求めて地球に襲来。その圧倒的な戦闘力で孫悟空や仲間たちを絶望の淵に追い込み、悪の帝王として存在感を放っていました。

2位は「白面の者(うしおととら)」!

『週刊少年サンデー』で連載されていた同名漫画を原作とするアニメ『うしおととら』の「白面の者」は、作中最強のボスキャラとして登場します。最終回では主人公の蒼月潮(あおつきうしお)・とらコンビと死闘を繰り広げますが、その巨大で狐のような姿から漂う邪悪なオーラは、まさに悪の帝王と呼ぶにふさわしいものでした。複数ある尾の一つだけでも潮・とらコンビを翻弄してしまう恐ろしいまでの強さを考えると、1位に選ばれても決しておかしくはありません。

3位は「ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険シリーズ)」!

人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの「ディオ・ブランドー/DIO」は、アニメシリーズ5作品(原作漫画の第1部~第5部)のうち2作品(第1部と第3部)に登場し、悪の帝王として大暴れするキャラクターです。4作目『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』、5作目『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』でも作中に登場こそしないものの、彼の存在は物語に大きく関わっています。シリーズに欠かせない、まさに悪の象徴的な存在と言えるでしょう。

※記載されているサービス名および商品名などは、各社の登録商標または商標です。

「gooランキング」について

「gooランキング」は、芸能からアニメ、ご当地、おもしろネタまで、世の中のあらゆるものをランキングで発表する国内最大級のランキングサイトです。これまで公開したランキングは50,000以上。編集部が考えた独自のネタを調査し、日々新たな切り口のランキングを作成しています。

gooランキング
https://ranking.goo.ne.jp/

※本記事は、gooランキング事務局の発表を元に制作されています。
©NTT Resonant Inc.

サクラマン
サクラマン
「うしおととら」の「白面の者」はラスボス感ハンパないわよね
ニュースマン
ニュースマン
9位に「ガンバの冒険」の「ノロイ」がランクインしていたな。あれは怖かった!さすがの私もちょっとだけ震えたぞ