フルオーケストラ公演『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』の開催が決定

【JAGMO】「修羅場、極まる。」フルオーケストラ公演『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』の開催が決定

【画像①】【JAGMO】「修羅場、極まる。」フルオーケストラ公演『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』の開催が決定

2019年9月16日(月)よりチケット先行抽選受付開始予定!

日本初のゲーム音楽プロ交響楽団「JAGMO(JApan Game Music Orchestra)」は、11月24日(日)に、すみだトリフォニーホール 大ホールにて「キャサリン・フルボディ」を題材としたフルオーケストラコンサート『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』を開催することを発表した。チケットは、9月16日(月)よりチケットぴあにて先行抽選受付の開始が予定されている。

先行抽選受付ページ
http://w.pia.jp/t/jagmo/

公演概要

【画像②】フルオーケストラ公演『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』公演概要『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』は、アトラスより発売されたゲーム『キャサリン』及び『キャサリン・フルボディ』の世界観を追体験できるコンサートです。本公演ではフルオーケストラ+ビッグバンドという大編成ジャズオーケストラと、ゲーム映像を用いた大迫力の演出で「キャサリン」の音楽をお届けします。

公演名
『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』

公演特設HP
https://jagmo.jp/lp/fullbody

日時
2019年11月24日(日)
すみだトリフォニーホール 大ホール
開場/12:30 開演/14:00

会場案内
すみだトリフォニーホール
〒130-0013 墨田区錦糸1-2-3
JR総武線「錦糸町駅」より徒歩3分
東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」より徒歩5分
https://www.triphony.com/access/

チケット(税込)
– SS席:¥9,800
– S席:¥8,900
– A席:¥7,900
– B席:¥6,800

チケット購入
チケットぴあ
先行抽選開始日時:9月16日(月)
リンク:≪ http://w.pia.jp/t/jagmo/

注意事項
※未就学児童入場不可
※病気やその他都合により、演奏者・曲目などが変更になる可能性があります。その場合、原則として、チケットの払い戻しや公演日の変更はいたしかねます。予めご了承下さい。

【画像③】フルオーケストラ公演『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』公演概要

「キャサリン」について

『キャサリン』はアトラスより販売された大人気アクションパズル・アドベンチャーゲーム。2011年に発売され、日本ゲーム大賞2011年間作品部門優秀賞を始めとする数々のゲームアワードを受賞。そして待望の最新作「キャサリン・フルボディ」が2019年2月14日に発売された。

ホラーテイストでアダルトなシナリオと奥深いアクションパズルが話題を呼び、クラシック楽曲を数多く用いた楽曲が特徴的な作品。

ゲーム音楽プロオーケストラ「JAGMO」について

「JAGMO(JApan Game Music Orchestra)」は、「ゲーム音楽を音楽史に残る文化にする」というビジョンのもと、日本初のプロによるゲーム音楽交響楽団として2014年に立ち上がりました。世界で活躍する、ゲームに親しんだ世代である若手演奏家を中心に、「世界最高のゲーム音楽生演奏」を追求するべく活動を続けています。

2015年には、国内外の公演で累計23,000人の動員を記録。2016年には、1月にゲームの祭典「闘会議2016」ゲーム音楽ステージのオープニングを務めた他、11月には初のTV出演「NHKシンフォニック・ゲーマーズ-僕らを駆り立てる冒険の調べ-」が放送され、Twitterトレンドワードを独占するなど、爆発的な反響を獲得。また、5回の主催公演を催行し、20,000人超の動員を記録。

2017年には3月公演「剣士達の交響乱舞」、5月公演「幻想郷の交響楽団 -夢幻狂奏曲-」、史上最大規模となる8月公演「旅人達の追想組曲」を開催、単独公演で5,000人以上の動員を記録。9月、10月には初のビッグバンド編成による東西ツアー公演『BIG BAND JAGMO』を開催。同10月には昨年に引き続き、「NHKシンフォニック・ゲーマーズ2 -よみがえる英雄たち-」に出演。

2018年には、2月に「闘会議2018」に出演。3月には『UNDERTALE × JAGMO Orchestra Concert』を開催し、9月の『UNDERTALE × JAGMO Orchestra Concert : Reprise』の両公演でチケットの即日完売を記録。2016年から続く“東方Project”公演シリーズは、5月「幻想郷の交響楽団 -夢幻饗楽宴-」、12月「幻想郷の交響楽団 -夢幻聖夜祭-」の開催により通算6回目を数え、同タイトルの公演における累計来場者数は10,000人を超える。

8月、12月には東京・大阪の2都市にて、“幻想水滸伝” シリーズ全ナンバリングタイトルを網羅した、総演奏時間5時間を超える公演に累計7,500人以上の動員を記録。

そして2019年。
悪魔城ドラキュラ” シリーズを取り上げたライブハウスでの公演を皮切りに、4月には約1年ぶりとなるオムニバス形式の公演「愛の交響詩 -for Symphonic Lovers-」、大人気テレビ番組とコラボレーションした「ゲームセンターCX Symphony」を開催。

5月には通算7回目を迎える東方Project公演「幻想郷の交響楽団 -夢幻繚乱花-」を開催。6月には”時空”をテーマにオムニバス公演『Doppel Symphony -Progressive / Nostalgic-』を開催し、既存のオーケストラに加え、オーケストラとビッグバンドを融合した新たな編成にも挑戦しました。活動の幅を大きく広げ、 進化し続けるJAGMOに、どうぞご期待ください。

最新情報は以下の公式アカウントより発信しております。

======
Twitter:https://twitter.com/jagjagmo
Facebook:https://www.facebook.com/JAGMO.jp
Instagram:https://www.instagram.com/jagmo_official
Tumblr:https://jagjagmo.tumblr.com/
======

主催:株式会社レゾナージュ
演奏・企画・運営:JAGMO
協力:株式会社アトラス

お問い合わせ
JAGMO運営事務局
jagmo-info@resonage.co.jp

 

※本記事は、株式会社レゾナージュ社の発表を元に制作されています。
© Copyright Resonage Inc. 2018. All rights reserved.

ニュースマン
ニュースマン
「キャサリン」はペルソナシリーズなどの開発チームのタイトルだな!
サクラマン
サクラマン
サウンドクリエイターの目黒将司いいのよねー。ペルソナ5の楽曲でもスタイリッシュな感じを上手く表現しているわよね