PS4®『龍が如く7』“ライブコマンドRPGバトル”や“デリバリーヘルプ”の情報を公開

コンテンツ

PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開

【画像①】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開株式会社セガゲームスは、2020年1月16日(木)発売予定の『龍が如く』シリーズ最新作となる、PlayStation®4専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』(以下『龍が如く7』)において、本作の特徴的な新要素である「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの詳細を公開した。怒涛の情報解禁が展開されている『龍が如く7』から目が離せない。

春日一番にとってのバトルとは

【画像②】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開神室町のソープランド「桃源郷」で産み落とされ、両親が誰かも分からないまま孤独な幼少期を過ごしていた春日。そんな春日にとって唯一の楽しみが、事務所に誰かが置いていった数年前の「ドラゴンクエスト」をプレイすることだった。

孤独を埋め、初めての冒険体験を与えてくれた「ドラクエ」に魅せられた春日は、いつしか自分も仲間と共に正義のために闘う勇者のような存在になりたいと、夢見るようになる。

【画像③】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開以来、何をする時でも「ドラクエ」を意識するようなった春日。その癖は時が経った今も変わらず、たとえ生死の危機をさまようような喧嘩の時でさえも、相手をモンスターに見立てて戦ってしまうほどだ。本作ではそんな春日の設定を、戦闘時に敵の見た目がモンスターさながらにガラっと変化するという、ユニークな演出で表現。これにより、従来のリアルな世界観はそのままに、様々な個性的な敵とのバトルを楽しむことが可能となっている。

臨場感あふれる大乱闘! 新バトルシステム「ライブコマンドRPGバトル」

「ライブコマンドRPGバトル」は、シリーズで培ってきた喧嘩アクションと、誰でも楽しめるRPGを融合させた新しいバトルシステム。RPGでありながら、街中にある全ての物が一瞬も止まることなく、ダイナミックでハイスピードなバトルがリアルタイムで展開される。同時に、街の状況や敵とのポジショニングが戦闘に大きく影響するなど、バトルの戦略性も大幅に向上している。

多彩なアクションを繰り広げる行動コマンドを使いこなせ!

【画像④】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開【画像⑤】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開バトル時に選択できる行動は「攻撃」「防御」「逃げる」といった基本的なものに加え、「極技」や、後述する「デリバリーヘルプ」等のオリジナル要素が用意されている。

「極技」はいわゆる必殺技を実行するコマンドで、シリーズでおなじみの「ヒートアクション」のような大技も含めた、「攻撃」「回復」「補助」などさまざまな効果をもった技を爽快に発動することができる。「極技」の中には連打やボタン入力などを求められるものも多く、RPGでありながらアクションゲームをプレイしているような感覚を味わうことができる。

どの敵に攻撃を仕掛けてもOK!しかし状況によっては妨害されることも

本作では遠くの敵に攻撃する際に、手前の敵に妨害されたり、逆に味方が近くにいた場合は攻撃した敵に追撃をしてくれたりと、リアルタイムに目まぐるしく変化する敵や味方の位置関係が、戦略に大きく影響する。範囲攻撃や協力攻撃なども多数用意され、それらも敵との位置関係や戦うステージの構造によって、効果的かどうかは常に変化する。「技を選ぶだけ」では終わらない、本作ならではの奥深く、新しい戦略バトルが楽しめる。

街にあるオブジェクトも武器として利用せよ!

【画像⑥】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開『龍が如く』シリーズの系譜を受け継いだ作品らしく、街の物を武器として扱える要素は健在。バトル中に近くに看板や自転車などが落ちている場合、それらを拾い上げて振り回したり、蹴飛ばしてぶつけたりするアクションが自動的に発動する。それらの攻撃の威力は非常に強力で、いかに落ちているものを活用できるかが、戦況を左右する。

各キャラクターのバトルスタイルについて

本作では職業(ジョブ)が存在し、春日たちはジョブチェンジによってバトルスタイルを変化させることが可能となっている。まずは主人公の春日と、仲間となるナンバ、足立、紗栄子の基本となるバトルスタイルを紹介していく。

春日「勇者」:バットという剣(つるぎ)で敵を討ち滅ぼし、味方をサポートする技をも有するオールラウンドな“勇者”

【画像⑦】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開バットを手に闘うスタイル。単体攻撃「バスターアタック」や広範囲に攻撃できる「メガスイング」など戦況に応じて柔軟な極技を覚えられる。メンバーに号令をかけて攻撃力をアップさせたり、回復させたりする極技もある、まさに勇者の名に相応しいスタイルだ。

足立「刑事」:警棒と逮捕術を融合させた戦闘スタイルと、ベテラン刑事ならではのスキルが揃う屈強な“戦士”

【画像⑧】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開左手に持つ警棒で叩きのめし、右手で敵を掴み上げるパワフルな戦闘スタイル。元刑事なだけあり、バトルではさまざまな逮捕術を駆使して戦う。警棒による強烈な一撃を始め、攻撃を一手に引き受けたり、敵の動きを封じ込めたりすることも可能だ。

ナンバ「ホームレス」:鳩を操り、熱気を吹き、臭い息で敵を翻弄。サバイバル環境で身に着けた技を繰り出す様子はまさに“魔法使い“

【画像⑨】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開傘や杖などを振り回す戦闘スタイル。通常攻撃はあまり強力ではないが、鳩に敵を襲わせたり、酒とライターを使って熱気を吹き付けたりと、まるで魔法のような攻撃を放ち、敵を圧倒する。他にも敵を拝み倒してアイテムをゲットする「物乞い」など、ホームレスらしさも備えた多彩な技が揃っている。

紗栄子「チーママ」:ハンドバッグで悪漢をなぎ倒し、能力低下や状態異常を引き起こす技を使いこなすトリッキーな“魔法戦士”

【画像⑩】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開ハンドバッグを駆使し、キャバクラのチーママならではの小道具を活かした戦闘スタイル。ハンドバッグをハンマーのように振り回す極技をはじめ、化粧道具のパフを使い目つぶしの効果を伴う状態異常攻撃や、習っていたヨガでの自己強化など、バリエーション豊かな極技が揃っている。

デリバリーヘルプについて

【画像⑪】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開本作のバトルでの特徴的な要素のひとつ「デリバリーヘルプ」は、バトル中にスマートフォンからお金を払うことで戦闘に役立つキャラクターが派遣される「召喚サービス」である。サービス内容は「追加効果付き全体攻撃」や「HP回復」など、各召喚キャラクターによって異なる。

【画像⑫】PS4®『龍が如く7 光と闇の行方』「ライブコマンドRPGバトル」や「デリバリーヘルプ」など、新バトルシステムの情報を公開サービス内容が強力なキャラは、呼ぶための値段もかなりの高額になるので、しっかりとお金を貯めておくことも重要となる。召喚できるキャラクターは街で起こるサブストーリーをクリアしたり、メインストーリーを進めたりしていくことで増えていく。

『龍が如く7』とは

『龍が如く』シリーズ最新作となるドラマティックRPGです。新主人公の春日一番が、新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」で仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くまでを描いた熱い人間ドラマを体験できます。かつてない規模の舞台、『龍が如く』シリーズで培った喧嘩アクションとRPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」など、シリーズ15周年にふさわしいボリュームと革新的な進化を遂げた本作に、ぜひご期待ください。

『龍が如く7 光と闇の行方』ストーリートレイラー

『龍が如く』シリーズとは

「大人向けのエンタテインメント作品」というコンセプトの元、2005年に誕生。愛、人情、裏切り……。巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いた、これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現し、累計出荷本数1,200万本を超えるシリーズ作品となっている。

龍が如く7 光と闇の行方 商品概要

【ロゴ画像】龍が如く7 光と闇の行方

商品名
龍が如く7 光と闇の行方
対応機種
PlayStation(R)4
ジャンル
ドラマティックRPG
発売日
2020年1月16日(木) 発売予定
価格
パッケージ版・ダウンロード版 8,390円(税別)
プレイ人数
1人
発売・販売
株式会社セガゲームス
CERO表記
D区分(17歳以上対象)
著作権表記
(C)SEGA
公式サイト
http://ryu-ga-gotoku.com/seven/
公式Twitter
https://twitter.com/ryugagotoku/

©SEGA
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※掲載している画像は開発中の場合があります。

※本記事は株式会社セガゲームス社の発表を元に制作されています。

サクラマン
サクラマン
今回はストーリーやバトル所々でドラクエが絡んでくるようね
ニュースマン
ニュースマン
それにあたり名越稔洋総合監督はドラクエの生みの親である堀井雄二氏に会いに行ったらしいぞ!