『鬼滅の刃』(きめつのやいば)Blu-ray&DVD第5巻ジャケット絵柄及び特典詳細が公開

『鬼滅の刃』Blu-ray&DVD第5巻ジャケット絵柄及び特典詳細が公開、舞台公演チケット先行抽選受付シリアルNo.封入も決定

【画像①】『鬼滅の刃』Blu-ray&DVD第5巻ジャケット絵柄及び特典詳細が公開、舞台公演チケット先行抽選受付シリアルNo.封入も決定「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中の吾峠呼世晴による、シリーズ累計発行部数1400万部を突破した人気漫画「鬼滅の刃」。

アニメーション制作はufotableが手掛け、ハイクオリティな“血風剣戟冒険譚”を描き上げる。個性あふれるキャラクターたちを演じるのは、花江夏樹・鬼頭明里・下野紘、松岡禎丞、櫻井孝宏をはじめとする豪華キャスト陣。9月末にTVアニメ最終話「新たなる任務」が放送され、“竈門炭治郎立志編”の物語が幕を閉じ、さらに新たな展開として劇場版制作の発表がされた本作。

そして、11月27日発売のBlu-ray&DVD第5巻ジャケット絵柄が公開された。雷を纏う善逸が描かれた第5巻ジャケットに加え、オーディオコメンタリーやドラマCDなど完全生産限定版特典の詳細も公開。特典には、先日舞台化が発表された舞台「鬼滅の刃」の公演チケット先行抽選受付シリアルNo.も封入されるという。これは見逃さないようにしよう。

『鬼滅の刃』Blu-ray&DVD第5巻商品情報

【画像②】『鬼滅の刃』Blu-ray&DVD第5巻商品情報

◆2019年11月27日(水)発売

収録話数
第十一話「鼓の屋敷」
第十二話「猪は牙を剥き善逸は眠る」

完全生産限定版
[Blu-ray]¥6,500+税 ANZX-14779~14780
[DVD]¥5,500+税 ANZB-14779~14780

完全生産限定版特典
◆特製三方背ボックス
◆キャラクターデザイン・松島晃描き下ろしデジジャケット
◆特典CD(オリジナルドラマ)
◆オーディオコメンタリー
第十一話:花江夏樹、下野紘
第十二話:花江夏樹、松岡禎丞
◆蛇腹ブックレット12P
◆特製花札4枚
◆第4巻・第5巻連動『鬼滅ラヂヲ』公開収録 観覧無料招待応募券
出演:花江夏樹、下野紘
※応募にはBlu-ray&DVD第4巻と第5巻に封入されている
申込券記載のシリアルナンバーが必要になります。
※1申込につき、1公演ご応募可能です。
◆舞台『鬼滅の刃』Blu-ray&DVD先行受付チケット
※チケット応募期間 11月27日(水)12:00~12月2日(月)23:59
※シリアルナンバー1つで1公演につき最大4枚まで申込可
※複数公演申込可
※特典や仕様は予告なく変更になる場合がございます。

舞台「鬼滅の刃」情報

期間・劇場
東京
2020年1月18日(土)~26日(日)天王洲 銀河劇場
兵庫
2020年1月31日(金)~2月2日(日)AiiA 2.5 Theater Kobe
原作
『鬼滅の刃』吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・演出
末満健一
音楽
和田俊輔
出演
竈門炭治郎:小林亮太
竈門 禰豆子:髙石あかり
我妻善逸:植田圭輔
嘴平伊之助:佐藤祐吾
冨岡義勇:本田礼生
鱗滝左近次:高木トモユキ
錆兎:星璃
真菰:其原有沙
白髪:柿澤ゆりあ
黒髪:久家心
珠世:舞羽美海
愈史郎:佐藤永典
鬼舞辻無惨:佐々木喜英

協力
集英社(「週刊少年ジャンプ」編集部)
一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会
協賛
ローソンチケット
主催
舞台「鬼滅の刃」製作委員会
チケット情報
チケット料金
S席:9,800円
A席:7,800円(前売・当日共/全席指定/税込)
一般発売日
2019年12月14日(土)10:00
公式サイト・Twitter
https://kimetsu.com/stage/ 
@kimetsu_stage
©吾峠呼世晴/集英社
©舞台「鬼滅の刃」製作委員会 2020

TVアニメ『鬼滅の刃』情報

◆放送

2019年4月~9月放送(全26話)

スタッフ
原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン:松島 晃
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸、梶山庸子、菊池美花
脚本制作:ufotable
コンセプトアート:衛藤功二 矢中勝 竹内香純 樺澤侑里
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野 学
音楽:梶浦由記、椎名 豪
制作プロデューサー:近藤 光
アニメーション制作:ufotable
キャスト
竈門炭治郎(かまど・たんじろう):花江夏樹
竈門禰豆子(かまど・ねずこ)※:鬼頭明里
我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘
嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞
冨岡義勇(とみおか・ぎゆう):櫻井孝宏

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編情報

【画像③】劇場版「鬼滅の刃」無限列車編情報

◆2020年劇場公開決定

著者プロフィール
吾峠呼世晴
2013年、週刊少年ジャンプの月例賞「第70回 JUMPトレジャー新人漫画賞」にて読切作『過狩り狩り』で佳作を受賞。その後「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」といった読切作品を発表後2016年11号より「鬼滅の刃」の連載を開始。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『鬼滅の刃』といえば、櫻井孝宏、 花澤香菜、関智一豪華声優陣がアニメシリーズの終盤で勢ぞろいしたことが記憶に新しい。しかし、筆者は当然のようにここでは、主役である竈門炭治郎を演じる花江夏樹という声優について述べたい。花江夏樹という声優に筆者が注目しだしたのは『東京喰種トーキョーグール』『四月は君の嘘』という共にマンガ作品として人気を誇ったアニメだった。(後に『凪のあすから』でも主演だったことに気づいたのであるが)まぁ、賢明なアニメファンにとっては、そんなの遅すぎるという声も挙がりそうだが。

花江夏樹の声には、穏やかな人柄の役が似合うと思う…というのが声優さんにとって褒め言葉なのかどうかはわからない。『四月は君の嘘』では、ごく普通のおとなしい高校生に見えて、心に傷を負っているピアニストの少年がある少女に出会い再生していく様を演じた。花江はこの役に見事にハマっていて、孤独を感じさせながらも、どこか心地よいモノローグは作品の世界観に欠かせぬものだった。クライマックスシーンでは知らぬ間に涙が流れていたものだ。

そして、今回の『鬼滅の刃』の竈門炭治郎もなんともいえないハマり役なのである。元々山の中で炭を作り、穏やかに家族と過ごしていた竈門炭治郎は家族を殺され、たったひとり生き残った妹も鬼に変えられ、その妹を人間に戻すために鬼を討伐する「鬼殺隊」に入隊。彼の長い戦いと旅は幕を開ける。今回は元々穏やかな性格というのは『四月は君の嘘』などの作品と同じだが、内に強い思いを秘めている少年という役柄。映画化が決定、当然シーズン2も製作されるだろう。炭治郎がどこまで強くなるのかわからないが、炭治郎の成長につれ、新しい花澤夏樹も見ることもできるかもしれない。『鬼滅の刃』とはそんな作品のような気もしている。