3大流星群の1つ「ペルセウス座流星群」が今年も来る!流れ星が見れるぞ!

3大流星群の1つである「ペルセウス座流星群」がピークを迎える!観測は西日本や日本海側の人はベスト!関東はチャンスあり。

【画像】ペルセウス座流星群が活動ピークを迎える
ペルセウス座流星群がピークを迎える!画像『ウェザーニュース』より引用

3大流星群の1つであるペルセウス座流星群が活動期を迎えている。活動のピークは明日13日(火)の16時頃と予想されており、観測するには12日(月)〜13日(火)・13日(火)〜14日(水)の深夜から夜明け前の時間帯が最も見頃を迎えるようだ。1時間に10数個の流れ星が見られる場合もあるという。暗い場所(目を暗さに慣れさせるのがコツ)なら倍以上の流れ星が見れるようだ。

今夜からはぜひ空を見上げてみよう!

ペルセウス座流星群が活動ピーク 気になる天気は?
現在、3大流星群の一つである、ペルセウス座流星群が活動期を迎えています。

活動のピークは13日(火)の16時頃と予想されているため、観測には12日(月)〜13日(火)と13日(火)〜14日(水)の深夜から夜明け前の時間帯がオススメです。

気になる今夜の天気は?
西日本や日本海側のエリアを中心に、流星がよく見られそうです。関東や東北太平洋側は台風10号の影響で雲が広がりやすいものの、雲間にチャンスあり。北海道は前線から広がる雲によって、星空が隠されてしまいそうです。

記事全文を読む

引用元:ウェザーニュース

3大流星群のご紹介

国立天文台より
しぶんぎ座流星群
一年の最初を飾る流星群が、しぶんぎ座流星群です。三大流星群のひとつとして数えられますが、流星の出現数は年によってかなりムラがあり、どのくらい流れるか予想するのが難しい流星群でもあります。

ペルセウス座流星群
三大流星群のひとつで、年間でも常に1・2を争う流星数を誇ります。条件がよい時に熟練の観測者が見ると、1時間あたり60個以上の流星が観測されます。極大の時期がお盆の直前なので、夏休みなどの時期と重なり多くの人が注目しやすい流星群です。

ふたご座流星群
三大流星群のひとつです。毎年ほぼ一定して、多くの流星が見られるという点では、年間最大の流星群と言えるでしょう。条件の良いときに熟練の観測者が観測すると、1時間に100個程度の流星を数えることは珍しくありません。

 

らいまる
らいまる
みなさん夜更かし確定だね。1時間に10数個見れたらラッキーだね。