カタール・ドーハで開幕!『第17回世界陸上競技選手権大会』日本選手団が現地へ出発

桐生祥秀、小池祐貴ら“世界陸上日本選手団”がドーハへ出発!いよいよ9月27日(金)『第17回世界陸上競技選手権大会』開幕!

【画像②】桐生祥秀、小池祐貴ら“世界陸上日本選手団”がドーハへ出発!いよいよ9月27日(金)『第17回世界陸上競技選手権大会』開幕!2019年9月27日(金)にカタール・ドーハのハリーファ国際スタジアムでいよいよ開幕となる「第17回世界陸上競技選手権大会」に向けて、22日(日)に桐生祥秀選手小池祐貴選手ら第一陣となる日本選手団が出発した。日本陸上競技連盟が発表した。

この日は、大会初日の男子100mに出場する桐生祥秀選手(日本生命)、小池祐貴選手(住友電工)ら男子16名、女子12名が日本を出国しカタールへ。

残りの選手もこのあと順次出発となる。

ドーハ世界選手権は9月27日(金)~10月6日(日)まで10日間開催される

【画像①】桐生祥秀、小池祐貴ら“世界陸上日本選手団”がドーハへ出発!いよいよ9月27日(金)『第17回世界陸上競技選手権大会』開幕!27日の大会初日は、男子100m予選に日本記録保持者のサニブラウン アブデルハキーム選手(フロリダ大学)、桐生選手小池選手と3人の“9秒台”の日本人選手が出場し、開幕早々注目が集まります。

また、この日は、世界選手権初の真夜中のマラソンレースとなる女子マラソンに谷本観月選手(天満屋)、池満綾乃選手(鹿児島銀行)、中野円花選手(ノーリツ)、男子走幅跳予選に日本記録を塗り替えたばかりの城山正太郎選手(ゼンリン)、橋岡優輝選手(日本大学)、そして大学生8mジャンパー津波響樹選手(東洋大学)、女子3000mSC予選に吉村玲美選手(大東文化大学)、400mH予選に安部孝駿選手(ヤマダ電機)、豊田将樹選手(法政大学)が出場予定。

ドーハ世界選手権は9月27日(金)から10月6日(日)まで10日間開催。日本からは男子40名、女子19名が出場予定となっている。

先日開幕した『ラグビーワールドカップ2019』日本大会と共に、ドーハで開幕される『第17回世界陸上競技選手権大会』での日本代表選手を応援しよう!

第17回世界陸上競技選手権大会 概要

開催日
2019年9月27日(金)~10月6日(日)
会場
カタール・ドーハ
大会ページ
https://jaaf.or.jp/competition/detail/1367/
日本陸連公式サイト
https://jaaf.or.jp/

© 2008-2019 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
本記事は、日本陸上競技連盟の発表を元に制作されています。

ニュースマン
ニュースマン
かつてないほど男子100メートルの日本人選手への注目が高まっているな!
サクラマン
サクラマン
鍛え抜かれた身体!筋肉の動き!ああ…たまらないわ!
ニュースマン
ニュースマン
違う!記録だ、記録。どこに注目してるんだ!