“ムネリン”こと川崎宗則選手、第2の野球人生が始動!いざ台湾へ

“台湾に行けば何かが生まれる”元ホークス選手「川崎宗則」氏が台湾球界で第2の野球人生を歩む

【本人画像】“ムネリン”こと川崎宗則選手、第2の野球人生が始動!いざ台湾へ
川崎宗則選手、第2の野球人生が始動!いざ台湾へ|画像『KTSニュース』より引用

“ムネリン”こと川崎宗則選手は過去にプロ野球球団「福岡ダイエーホークス」「福岡ソフトバンクホークス」に長年に渡り在籍しており、ホークスファンのみならず多くのファンから愛されたプロ野球選手です。

経歴などの詳細は恐らく皆さんご存知だと思われるので割愛しますが、その“ムネリン”が台湾球界で第2の野球人生を始動するというニュースが飛び込んで来ました。

ファンの方にとっては再びホークスのユニフォームに袖を通して欲しかったという思いもあるかもしれません。一ファンの私としては新天地で残りの野球人生を悔いなく全うして欲しいと思います。

“ムネリン”川崎宗則選手 台湾球界での復活に向け地元・姶良市で始動
2018年3月にプロ野球・ソフトバンクホークスを退団した鹿児島工業出身の川崎宗則選手が現役復帰します。川崎選手が選んだ新たなステージは台湾です。鹿児島県姶良市で練習に励む川崎選手に話を聞きました。

8日、姶良市総合運動公園野球場。台湾のチームへの合流を控えた川崎選手は、原点とも言えるこの球場で自主トレに励んでいました。

(川崎宗則選手)
「僕にとってはいろんな意味で成長させてくれた場所。ここからいつも始まっていたんですよね。プロに入ってからも」
「地元で小さいときからやっているので、パワーもらうんですよね。小学校の時、中学校の時思い出すし、一番はそれかな」

川崎選手は姶良市出身で、鹿児島工業を卒業後、ドラフト4位で福岡ダイエーホークスに入団。2004年には盗塁王と最多安打をマークし、球界を代表する選手へと成長しました。そして、2011年にはメジャーリーグ挑戦を表明し渡米。5年間のメジャー生活を経て日本球界に復帰しましたが、去年3月、ソフトバンクホークスを退団しました。

それから1年あまり。現役復帰を決断した川崎選手が次に選んだ新しい舞台は台湾のプロ野球でした。

記事全文を見る

引用元:KTSニュース

このニュースのTwitterの反応

 

カラ吉
カラ吉
やっぱりムネリンって愛されてるね。台湾の野球球界も注目されるんじゃないかな。