ラーメンの油分でバイオディーゼル燃料を生み出す SF映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』では、タイムマシンと化した車「デロリアン」を走行させるため、科学者であるドクが燃料としてバナナの皮、ビール、アルミ缶などを利用していた。短いがインパクトあるこのシーンが記憶に残っている方も多いのではないだろうか ...